【自作】簡単 USB充電器・電源

はいどうも
今回は小ネタです。いわゆる思いつきです。

電子工作の類で日常生活に役立ていると感じるものってあんまりないよなあと思っていたところですが、随分前に適当につくったものの結構役に立っているのでまとめてみました。


ほとんどまあネタ要素も工夫要素もなくUSB8ポートが並んでいるだけです。電源には5V4A のACアダプタからで総計4A分流せるって訳です。
一応USBのPC給電は最大500mAなので8本指してもってことですが、最近のスマフォ、タブレットは2A以上流すこともあるので一概に言えませんが。

こんな感じでタブレット2枚とiPhone5Sとモバブーを同時に充電できます。回路的にも工夫はほぼ無く8ポート分に並列で電源がつながり、気持ち程度にヒューズと適当な容量の電解コンデンサがついているぐらい。
ケースに入れればもう少しマシになりそうですが、以外にもこれでその辺にいつも転がしておいて、たまに踏んだりなどしているものの特に壊れていないし、壊れてもわかりやすい。
USBの端子とガラス基板とはエポキシ樹脂で固めてあります。

8ポートで4A分の余裕があるとタブレットを充電しつつスマホとモバブーの充電やカメラ、その他USB充電系デバイスなどを同時に充電できていちいち新たにコンセントにUSB充電器を指す必要もありません
あと作ってみた発見としては、この本体がACアダプタ分の長さだけコンセントから伸ばせるので使いたい場所までUSBのポートを持ってこれる訳で、コンセントからイマイチ遠い場所 例えば布団でゴロゴロしながらタブレットを充電しながら使いたいときなど結構便利です。

またメリットとして市販より安く安全に作れます
こんな感じのUSBコネクタ×4と5V4Aの適当なACアダプタと基板、配線、コネクタでも1500円程度で作れます。
自分の場合はACアダプタが出物の300円ぐらいのとたまたま手元にあった色々で作ったのでほとんどかかっていません。
おまけに市販品だと小さくするためやコストカットなどでコイル鳴きや発火、異常なスパークなどありますがACアダプタはそこそこの信頼性がある上、コネクタ周りは自分でつくるわけなので



コメント